元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

津森医院(松江市本庄町)その2

1
だいぶ前にご紹介した、松江市本庄町の津森医院について補足です。

津森医院の築年代について、島根県教育委員会の「島根の近代化遺産」リストでは昭和元年、
文化庁のデータベースでは昭和初期としてあります。
大正天皇が崩御された大正15年12月25日をもって昭和に改元されていますから、
昭和元年は12月25日から12月31日までのわずかの期間しかなかったことになります。
ということで、津森医院は本当に昭和になってから建てられた建物だったのだろうかと
少し疑問というかもやもやしていたわけですが、当時の新聞に素敵な記事を見つけたのでご紹介します。

15104津森医院d
(大正15年10月4日付山陰新聞)

いかがなものでしょうか、大正15年10月の新聞に、津森医院が新築落成したことを伝える広告が掲載されていました。
この広告により、津森医院は大正15年の10月には「新築落成」していたことが明らかになりました。
森医院の竣工年については、これまで昭和元年とされてきましたが、
大正15年築としたほうが正確なのではないでしょうか(実質同じ年ではあるのですが)。

※ちなみに、こちらの資料では施工を松江市の伊藤善平としています。
ブログ主的には初めて聞く名前なので、今後、施工・設計についても調べていきたいと思います。




関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/08/19(土) 22:52:47|
  2. 島根県の近代建築・松江市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧白鳥村信用組合倉庫(市原市大久保) | ホーム | 旧本郷青年倶楽部(大田市温泉津町湯里)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/416-8c8d606a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)