元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧白鳥村信用組合倉庫(市原市大久保)

CIMG3503.jpg
模型仲間とともに小湊鉄道の「里山トロッコ」を楽しんでおりましたところ、
上総大久保駅を出たところで車窓に気になる物件を見つけました。
JAの支店とその倉庫といった風情ですが、すでに看板をはずされ、ATMも動いていなさそうな雰囲気です。

CIMG3504.jpg
事務所棟の隣には農業倉庫。手前は新しい増築風ですが、その奥には昔ながらの倉庫のようです。

CIMG3504t.jpg
注目すべきは倉庫の「鉢巻」の部分に書かれている文字です。

CIMG3504ff.jpg
一部不鮮明ですが「保証責任白鳥信販購利組合農業倉庫」とあるようです。
「信販購利」は「信用販売購買利用」の略でありましょう。
信用販売購買利用組合、これはJAの前身となる戦前の産業組合の形態の一つです。

戦前の産業組合の歴史は非常にむつかしく、無学なブログ主にはいまだ理解できない点が多いのですが、
ウィキペディアなどの説明によれば、産業組合は昭和18年には戦時統制によって解散しているようです。
ということであれば、この倉庫に書かれた文字は、戦前の産業組合時代に書かれたものという事になります。

「白鳥」はこの地域の旧白鳥村のことでしょう。白鳥村は明治22年の町村制施行で成立し、
昭和28年に近隣の町村と合併して加茂村となっています。

以上、(多分)旧白鳥村の産業組合倉庫のご紹介でした。
戦前の産業組合時代からの倉庫の現存は各地にありますが、
当時の「信用購買販売利用」の文字が残されているという点で貴重な物件と思われます。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2017/08/28(月) 22:15:31|
  2. 島根県以外の近代建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<西郷岬灯台(隠岐の島町岬町)その2 | ホーム | 津森医院(松江市本庄町)その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/417-2062d694
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)