FC2ブログ

元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

松江大橋をうつした絵葉書の年代測定法(その1)

1_20171224160327419.jpg
大橋川に松江大橋が架かる風景は、松江市の代表的な景観の一つであり、
明治時代より絵葉書の題材として多くのバリエーションがあります。

本稿では、数多く残されている松江大橋の絵葉書について、
絵葉書に写されている周辺の建物や自動車を分析することにより、
その絵葉書の写真の撮影年代を特定してみたいと思います。

〈平成30年2月追記と修正〉
大橋に併設された水道橋の時代考察について追記し、
「初代日銀」に関する記述を修正しました。

【条件】
・特定するのは先代松江大橋の絵葉書です。
先代松江大橋は明治44年に架橋され、
昭和10年頃に現在の松江大橋の架橋工事に伴って姿を消しました。
先々代のトラス型松江大橋を写した絵葉書もあるようですが、
残念ながらブログ主は所有していません。
また、当代の松江大橋も架橋が昭和12年、その年に事変が勃発し、
社会情勢にもゆとりがなくなったせいか、
絵葉書の数が少ないようで手持ちがあまりありません。

・撮影方向は橋南(大橋川の南側)から橋北方向を写したものに限ります。
この時代の松江大橋の絵葉書はほとんどが上記の向きで撮影されています。
お城なども映るので見栄えが良かったのでしょう。
ベンチマークとなるものも多いため、年代の特定がしやすいという事もあります。

・特定にあたっては建物の変化が中心です。
服飾や自動車の年式などに造詣が深い方があれば、より細かい特定が可能かもしれません。

【年表】
年表
特定にあたって、ベンチマークとなり得る建物やバスに関する出来事をまとめました。
これをベースに以下に絵葉書の年代特定を進めていきます。

大正7年~10年の絵葉書】【明治44年~大正7、8年頃の絵葉書】
T7~T10
まずはこちらの絵葉書です。
まだ周辺に洋風建築も少なく、かなり古い時代に撮影したものという雰囲気です。

トリミング
橋の向こう側の建物に注目してみると年代を特定する手掛かりがあります。

①原田時計店の時計台
洋風の時計台があります。これは原田時計店、現在の創美堂の旧旧店舗で、
時計台のある店舗は明治29年に新築されたものです。
その後、昭和8年に改築されてこの時計台は姿を消していますから、
この時計台があれば、明治29年~昭和8年の間という事になります。

②松江電信局
擬洋風の建物は、明治22年に設置された松江電信局の建物です。
その後大正10年にはこの位置に松江キネマ倶楽部の建物が新築されますので、
この建物があれば、明治22年~大正10年の間という事になります。

③初代日銀松江支店
不鮮明ですが洋風建築の屋根が確認できます。


③島根県農工銀行
最初は初代日銀松江支店の屋根かと思いましたが、改めて屋根の形状を確認してみますと、
そうではないような気がしてきました。
ではこの屋根は何の建物なのかと考えてみますと、県庁前に建っていた、
島根県農工銀行の屋根だったのではないかという考えに至りました。

島根県農工銀行
島根県農工銀行は明治31年に建てられた洋風建築で、かなり最近まで県庁前にその姿を留めていたものです。

図1
いかがなものでしょうか、この屋根は島根県農工銀行のものと考えた良さそうです。

屋根の形状や位置的に、大正7年に設置された日本銀行松江支店の建物と推定されます。
昭和12年末には二代目の建物(現カラコロ工房)に変わりますので、
この屋根が確認できれば大正7年~昭和12年頃までの間という事になります。


以上のことから、建物の年代を以下のように整理します。
原田時計店 明治29年~昭和8年
松江電信局 明治22年~大正10年
初代日銀松江支店 大正7年~昭和12年
島根県農工銀行 明治31年~戦後
3つの建物が重なる時期は大正7年から大正10年の間となりますので、
この絵葉書はこの間に撮影されたものと考えられます。

初代日銀松江銀行というベンチマークがなくなってしまいましたので、
この絵葉書の撮影された年代は古い方は
16代目松江大橋が架橋された明治44年まで時代の幅が広がってしまいました。

④水道管の存在
水道管
16代目松江大橋を写した写真で注意したいのは、大橋の上流(宍道湖)側に併設された水道管の存在です。
松江市誌(昭和16年)によれば、松江市の水道は、
大正7年に主要部分が完成し、大正8年に全部が竣成したとあります。

橋北へ忌部の水を送るためには、大橋川を通さなければならず、
大橋に並行して水道管を架設したものと思われます。
具体的にいつ水道管を大橋川に通したのか、今の段階では調べ切れていないのですが、
少なくとも、水道が開通した大正7~8年頃には架設されたものと考えられます。

水道管無
当該の絵葉書を見ると水道管がありませんから、この絵葉書の写真が撮られたのは、
大正7、8年以前という事になるのではないかと思われます。

以上のことから、絵葉書の年代特定のカギになるものを整理してみますと、
下記の通りになります。

原田時計店 明治29年~昭和8年
松江電信局 明治22年~大正10年
島根県農工銀行 明治31年~戦後
16代目大橋架橋 明治44年
水道管 大正7、8年頃

よってこの絵葉書の撮影された年代は明治44年から大正7、8年頃の間という事になります。




【大正14年~昭和4年の絵葉書】
T14~S4
次にこちらの絵葉書です。
松江大橋北詰西に三階建に塔屋のついた松江キネマ倶楽部の建物があります。
近代化の進んだ松江の景観として好まれたのでしょうか、
この構図での絵葉書はかなり多くの数がヤフーオークションなどで出回っています。

T14~S4t
①松江キネマ倶楽部
大正10年に新築された松江キネマ倶楽部の建物です。
いつまであったのかは不明なのですが、
昭和12年に現在の松江大橋が完成した際の写真には現存が確認されます。

②文化自動車のバス
橋の上にバスが確認できます。

img326t.jpg
かなりクラシカルな形態のバスです。

021017若槻男歓迎t
松陽新報昭和2年10月17日付

車体前部左右に「文」、「化」の文字看板が確認できます。
これは大正14年に運行を開始した、文化自動車のバスと考えられます。
文化自動車は松江初のバス事業者である一文字屋自動車部から事業を引き継ぎ、
大正14年に運行を始め、その後、昭和4年に松江市営バスへ営業を譲渡します。


以上のことからこの絵葉書の写真は、
大正14年から昭和4年の間に撮影されたものと推察されます。

(その2)へ続きます。

関連記事
スポンサーサイト



  1. 2017/12/24(日) 16:15:29|
  2. 島根県の近代化遺産(その他)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松江大橋をうつした絵葉書の年代測定法(その2) | ホーム | 旧出西小学校その3(出雲市斐川町出西)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/433-812fa72f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)