元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

布崎変電所(出雲市多久町)

布崎1

布崎3
宍道湖北岸を走る大いなるローカル私鉄、一畑電鉄の布崎変電所です。
昭和2年に出雲今市~一畑間が電化されるのに合わせて建設された建物で、
平成23年に登録有形文化財に登録されています。
※北松江(現在の松江しんじ湖温泉)まで全通したのは翌昭和3年のことです。

布崎2
右側(東側)の増築部分は昭和29年とのことです。

布崎4
西側は木造で増築されていますね。

布崎5
右書きで「一畑電気鉄道」とあるのが読めます。

布崎6
今も建設当初の使用目的で使われ続けているというのもすばらしいですね。

【参考】
一畑電車HP
BATADEN〔特別展〕一畑百年ものがたり 島根県立古代出雲歴史博物館

※画像は平成16年に撮影したものです。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/02/25(土) 22:03:50|
  2. 島根県の近代建築・出雲市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ケーブルカーの駅を作る3 | ホーム | ケーブルカーの駅を作る2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/48-d401f4f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)