FC2ブログ

元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧景山家住宅(奥出雲町三沢)

4
以前ご紹介した奥出雲町三沢の旧家について、「島根県の近代和風建築」に詳細がありましたのでご紹介します。

5
この建物は旧景山家住宅といい、この土地の名家のお屋敷でした。
かつては造り酒屋も営んでいたようです。

建物の建築は昭和2年、設計は佐藤作造、棟梁は長谷川松太郎という方で、
この棟梁は出雲エリアの豪農のお抱え棟梁だった方だそうです。

この建物は訪問した平成29年の段階では空き家の状態でしたが、
翌平成30年になって奥出雲町の手により、起業・創業の活動を支援する拠点として
改修され、現在、「みらいと奥出雲」と名付けられて活用されています。

bd.jpg
ちなみに景山家の近くにある赤枠で囲った建物も現存しているのです。

8
「島根県の近代和風建築」によりますと、大正9年に建てられたとのことです。

【建物のプロフィール】
建物名:景山家住宅(みらいと奥出雲)
竣工:昭和2年
構造:木造
設計者:佐藤作造
施工者:長谷川松太郎

【撮影】
平成29年4月

【参考資料】
島根県の近代和風建築 平成30年 島根県教育委員会



関連記事
スポンサーサイト



  1. 2019/08/10(土) 10:35:22|
  2. 島根県の近代建築・出雲地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<美保関小学校跡地その1(松江市美保関町) | ホーム | 幸町の洋館(松江市幸町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/483-0e4140de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)