FC2ブログ

元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

美保関小学校跡地その1(松江市美保関町)

①
美保関の町は、美保関湾と海に迫る山との境界に少しだけ開けている土地に沿って、
うねうねと細長い集落が形成されています。
美保神社から青石畳を抜け、歴史を感じさせる町並みを進んでまいりますと、
やがて空き地のような開けた場所へ抜けることができます。

ここは、明治8年から昭和41年まで、美保関小学校があった場所です。
画像右手の空き地は元の校庭だったところです。

② 030113美保関小学校(松陽)
(昭和3年1月13日付松陽新報)
美保関小学校はこの地で何度か増改築を行っていますが、
その中でも上記の新聞記事にある昭和に増築された校舎は
その後、昭和41年の移転まで使用されています。

新聞記事には、校舎の設計は広瀬町の河合藤助、
増築工事の請負は米子市の河津庄太郎で、
昭和2年12月10日に竣工したとありました。

河合藤助は広瀬町の腕の立つ大工さんだったようです。
同じ美保関で登録文化財になっている美保館旧本館(S7)も河合藤助によるものです。
その他、河合藤助が手掛けたものとして、
広瀬小学校(T15)、松江の大橋館(S7)、下山佐小学校(S9)、布部村役場・産組(S10)、
広瀬警察署(S10)、布部小学校(S12)、山佐村役場・産組(S13)などが確認できます。

③ 030113美保関小学校tt
新聞に掲載された昭和3年校舎の拡大です。
高低差があって石垣赤築かれており、その上に校舎が建てられています。
矢印の部分、通気口にご注目ください。

④
上記新聞記事の画像、校舎跡と同じ場所の現在の姿です。
いかがなものでしょうか、当時の石垣・土台・通気口が残っています。

⑤
石垣と通気口のある土台部分は、校舎がなくなった後も残っており、
一部は校舎跡に建てられた民家の土台になっていました。

⑥
中央の階段が、元の玄関の階段でありましょう。

⑦
030113美保関小学校tt
階段部分も当時のままの様に思われます。

⑦」
階段。階段を上がった先は現在、奥に続く民家への路地になっています。

以上、美保関小学校跡地のご紹介でした。
学校がなくなった後も、石垣や校舎の土台がそのまま残っているのは
なかなか珍しいケースなのではないかと思います。

⑧
今回ご紹介した美保関小学校のこの校舎は、美保関を写した絵葉書にもよく登場しています。
次回以降、絵葉書に写る美保関小学校の変化を踏まえて、
絵葉書の年代特定と小学校の校舎の変遷について整理します。

【建物のプロフィール】
竣工当時の建物名:美保関小学校
竣工:昭和2年12月
構造:木造
設計者:河合藤助
施工者:河津庄太郎

【撮影】 
平成29年12月

【参考文献】
昭和3年1月13日付松陽新報
美保関町誌上巻 昭和61年 美保関町誌編さん委員会



関連記事
スポンサーサイト



  1. 2019/08/13(火) 11:13:46|
  2. 島根県の近代建築・松江市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<美保関小学校跡地その2(松江市美保関町) | ホーム | 旧景山家住宅(奥出雲町三沢)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/484-7d72c2ec
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)