FC2ブログ

元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

美保関小学校跡地その5(松江市美保関町)

1_20190921220525f3a.jpg
美保関の絵葉書シリーズ、今回は赤丸で囲った燈篭について整理したいと思います。

2_201909212205263e5.jpg
前回取り上げた産業組合?の建物の先の防波堤にこの燈篭は建っていました。
絵葉書の右手前に写っている灯篭は美保関湾の西側、「弁天波止場の常夜燈」と呼ばれているもので、
天保13年に建立、明治3年に再建されたものです(現地案内板より)。

3_20190921220527d5e.jpg
上掲の絵葉書の拡大。産業組合?の事務所と共に燈篭が確認できます。

4 031015美保関大灯篭完成t
(昭和3年10月15日付松陽新報より)
この燈篭がいつ建立されたのか、という事については、当時の新聞から明確に特定することが出来ます。
昭和3年10月13日竣工、この年に行われた美保神社の正遷宮祭記念として建てられたことが
新聞記事に記されてありました。

・遷宮祭記念として東波止場先端に設置された
・台座部分の作成は美保関町の大坂某に依頼
・燈篭は松江市の渡部兵之助氏に依頼
・昭和3年7月起工、同年10月13日竣工
・総工費千二百円
・表面に横山美保神社宮司の筆蹟により「神光照海」を刻む
・燈篭には500燭の電灯を設置した

とあります。前述の美保湾西側の弁天波止場燈篭と共に、
美保湾口の灯台の役割を果たすことを企図していたようです。

5_20190921220530839.jpg
この大燈篭は現存しています。
燈篭の表面には新聞記事の通り、「神光照海」の文字がありました。

6_201909212205326e8.jpg

東波止場の防波堤はその後延長されており、
それに伴い燈篭の位置も移動しているようです。

7_201909212205331d0.jpg
現在は燈篭の先に現代的な灯台が設置されています。

8_20190921220535369.jpg
以上、美保関の東波止場の大燈篭についてまとめました。

美保関小学校の新築が昭和2年12月、
産業組合?の建設も小学校と同じころと推定され、
大燈篭は昭和3年10月完成と、3者の揃った時期が固まっているため、
これ等がまとまって写っている絵葉書であれば、
昭和3年10月以降に撮影されたものと判断することが出来るわけであります。


関連記事
スポンサーサイト



  1. 2019/09/21(土) 23:16:33|
  2. 島根県の近代建築・松江市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久手町の洋館と大田界隈の近代建築(大田市久手町) | ホーム | 美保関小学校跡地その4(松江市美保関町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/489-931e4188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)