FC2ブログ

元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

久手町の洋館と大田界隈の近代建築(大田市久手町)

1_201909232038350cf.jpg
大田市久手町の町はずれに、立派な門構えのお屋敷があります。

2_20190923203836bdd.jpg
塀越しにただものではない風格の洋館が見えます。
居住空間としての和風建築と、書斎・客間としての洋館が組み合わさった、
いわゆる折衷住宅の一種でありましょう。
地方ではなかなか見ることのできない様式です。

3_201909232038383db.jpg
令和になって再訪したところ、屋敷を囲っていた門・塀が取り去られていました。
平成30年4月9日の島根県西部地震の影響でしょうか、
大田地域は震度5強を記録しており、塀の倒壊も多かったと聞きます。

4_20190923203839c79.jpg
敷地外から洋館を観察してみます。
腰回りをクリーム色のタイル、上半身はモルタルのたたき壁、
パラペットには洋瓦を設えたかなり立派な近代建築です。

5_20190923203841ca7.jpg
洋館から煙突が出ています。暖炉があるのでしょうか。
屋根には片流れ屋根が追加されています。

6_20190923203842446.jpg
黄土色のタイル、たたき壁、洋瓦などをあしらったこのようなデザインは、
近隣の旧久手産組事務所や、旧大田町産業会館に類似しています。

7_20190923203844486.jpg
久手町の中心部に建つ、昭和9年築の旧久手産組事務所です。
昭和9年、地元出身で武田五一の弟子でもある建築家の岡田孝男が設計し、
地元、大田町で活躍した建築家(大工?)の近藤常次が現場の監督をしています。

8_201909232038450d5.jpg
現在は外壁が改装されていますが、当時のままと思われるタイル部分も残されています。
上記の洋館と同じ色合いです。

9 松陽(久手)S9 
(昭和9年8月12日付松陽新報より)
新聞記事の写真では不明瞭ですが、改装前の姿がわかります。
「久手は真秀ろば 二十二世紀の君たちへ」という郷土資料には、
この建物の正面で撮影された記念写真が掲載されており、
その壁面は上述洋館のようなたたき壁が確認できます。

10_20190923203848c12.jpg
こちらは大田市中心部の旧大田町産業会館の建物です。
昭和12年築で、設計者は久手産組の建設で現場監督をした近藤常次とされています。
この建物は塗壁部分はなく、全面が黄土色のタイルに覆われており、
開口部の庇には洋瓦が設えてあり、久手産組や上述の洋館との類似性を感じます。

まとめますと、久手町の洋館のスタイルは久手産組や大田町産業会館ととても似ているので、
2つの建物の建設時(S9、S12)と同時期に岡田孝男か近藤常次の設計によって建てられたのではないか?
という仮定はいかがなものでしょうか。ということであります。

この他にも大田には黄土色のタイルを用いた建物が複数確認できます。

11_20190923203850d92.jpg
旧大田町産業会館の隣にある「カフェギャラリーポー」さんです。
建築年は不明ですが、元は市の診療所だったこともある建物で、
ごらんのとおり黄土色のタイルを使っています。

13_20190923203853cd5.jpg
こちらは神田橋の袂に建っている、元商店の建築です。
この建物も黄土色のタイルで覆われています。

12 h1712
上記の元商店の北側にある、小川旅館の建物です。
出窓がオシャレで黄土色のタイルがあしらわれています。

14 大田市内の未確認物件
この建物はグーグルストリートビューで見つけた大田市内の建物です。
和洋折衷の建物ですが、要所要所に黄土色のタイルが使われています。

このように、大田市内(旧大田町内)に黄土色のタイルを使った建築が点在しています。
これはもう「大田様式」と名付けてもいいくらいですね(言ったもん勝ち)。

まだまだ大田市内や周辺にこの大田様式の物件があるのかもしれません。
久手産組や大田町産業会館に影響を受け、
地元の建築家である近藤常次による設計ではないかという事も示唆されますが、
近藤常次の詳細他、情報が少なく、今後も調査が必要です。


【参考文献】
大田市誌「十五年のあゆみ」 昭和43年 大田市
大田市三十年誌 昭和58年 大田市
日本近代建築総覧新版 昭和58年 日本建築学会
中国地方の西洋館 平成3年 白石直典
久手は真秀ろば 二十二世紀の君たちへ 平成12年 宮脇治正
関連記事
スポンサーサイト



  1. 2019/09/23(月) 22:52:46|
  2. 島根県の近代建築・大田市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧阿須那郵便局(邑南町阿須那) | ホーム | 美保関小学校跡地その5(松江市美保関町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/490-ea68fea8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)