FC2ブログ

元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧波積小学校講堂(江津市波積町本郷)その2

1_20191019133137890.jpg
以前ご紹介した旧波積小学校講堂について追記です。

波積小学校の講堂は昭和9年に建てられた歴史的な建築物です。
小学校は昭和55年に閉校し、校舎は解体されましたが(解体年不明)、
講堂は保存され、地域の公民館として活用されてきました。
平成20年に改修工事が行われ、波積ふれあいホールとしてリニューアルされ、
平成22年には「しまね景観賞」を受賞しています。

2 091202波積小
(昭和9年12月2日付松陽新報より)

昭和9年12月に新築落成式を迎えた際の新聞記事です。
当時の新聞記事より、建物に関する情報を抜き出します。

・波積小学校は明治34年に新築しその後3回に渡って増築したが近年腐朽が激しかった
・昭和9年1月28日に地鎮祭
・校舎、講堂の新築総工費26,300円
・昭和9年10月30日をもって全部の工事を完成した
・昭和9年12月2日に竣工落成式の式典を挙行
・工事請負者は山崎定市、工事監督者は坂本重義・二上信二郎


昭和9年前後の頃は明治期に建設された校舎が耐用年数を迎えており、
また、社会情勢の変化による生徒の増加も相まって、
「腐朽著しく・校舎狭隘」を理由に県内各地で小学校の増改築が進んでいます。
また、この年の9月には室戸台風による被害が県内にも大きな影響を及ぼし、
これを原因とする校舎の改築も、昭和9年以降増加しています。

2 091202波積小山崎定市t
(昭和9年12月2日付松陽新報より)

新聞記事より、校舎・講堂新築の請負人が波積村の山崎定市、
工事監督が坂本重義、二上信二郎ということが判明しました。

建築を請け負った山崎定市氏は波積小学校のほか、
昭和3年には山陰本線の石見福光駅の新設工事にもかかわっていた記録があります*。

工事監督の坂本重義は昭和2年竣工の矢上村役場の設計を行ったほか、
昭和10年に竣工した宅野村小学校講堂、吾郷村役場の設計もしていたようです*。

*いずれも松陽新報の記事より確認。

2 091202波積小t
新築当初の講堂の写真です。
当時は講堂の手前に御真影奉安庫が建っていたことが確認できます。

2_20191019133143cf8.jpg
上掲の写真とほぼ同じアングルでの現在の姿です。
奉安庫は痕跡も残っておりません。
妻面の出入り口は後付けのようですね。

3_20191019133145cda.jpg
以上、旧波積小学校講堂に関する補足でした。

【建物のプロフィール】
建物名:旧波積小学校講堂
竣工:昭和9年
構造:木造
設計者:? 
工事監督:坂本重義・二上信二郎
施工者:山崎定市

【撮影】
平成24年9月

【参考資料】
松陽新報記事



関連記事
スポンサーサイト



  1. 2019/10/19(土) 23:17:12|
  2. 島根県の近代建築・江津市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<松江大橋をうつした絵葉書の年代測定法(その9) | ホーム | 旧阿須那郵便局(邑南町阿須那)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/492-d5a5389c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)