元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

ケーブルカーモジュールを作る1

前回まで「ケーブルカーの駅を作る」と題して進めておりましたが、
今回からは「モジュールを作る」ということにして進めて行きたいと思います(自分でも混乱しています)。

ケーブル7
あくまでも「路面モジュール」にケーブルカーを組み込むということですから、
モジュールとして成立すること、持ち運びが出来るようにサイズを決めなければなりません。
私の場合、路面モジュールの保管・運搬には36.5㎝×53㎝の折コンを使用していますので、
コレに入るサイズにすべく、折コンの上でストラクチャーの位置や奥行きを検討します。

モジュールの幅は31㎝(もしくはその倍数)で動かせませんから、
どれだけ奥行きをとることが出来てケーブルカーの軌道が延ばせるのかが問題です。

ケーブル9
奥行きは大体決まりましたので、先走ってケーブルカーの路盤部分を作ってしまいました。
路盤の両側は発泡スチロールで埋めますから、完成の暁には基礎部分は見えなくなる予定です。
右の穴はケーブルカーの動力を設置する予定です。
左の小穴は道路用のトンネルの予定です。

ケーブル8
画像の左側の部分が路モジの「本線」となるわけなのですが、
このようにしてみますと、完全に「路モジ」の線路が「おまけ」の状態ですね・・・。




↓クリックしていただけると喜びます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道模型 レイアウト製作へ
にほんブログ村

にほんブログ村 美術ブログ 建築・建築物へ
にほんブログ村






関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/03/05(月) 00:12:11|
  2. 路面モジュール
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ケーブルカーモジュールを作る2 | ホーム | ケーブルカーの駅を作る3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/51-0bb337c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)