元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧制第一高等学校(&つけめん駒鉄)

一高6
駒場の旧制第一高等学校へ行ってまいりました。
現在の東大駒場キャンパス。正門は旧制一高時代のままです。

一高13
旧制一高本館(昭和8年築)
旧制一高は現在の東大の前身(の一部)。
昭和10年、現在の東大農学部の場所からこの地に移転してきました。

一高7
時計台が青空に映えます。

一高8

こちらの駒場博物館は旧一高図書館(10年築)。
時計台をはさんで向かいには同じデザインの旧講堂があります。

一高9
昭和10年築の101号館。元の一高特設高等科だそうです。
玄関のデザインは本郷キャンパスの建物に通じるものがありますね。

一高10
キャンパス内の「新墾之碑」。
昭和12年に発表された寮歌「新墾のこの丘の上」を記念する碑です。

一高11

一高12
旧制一高といえば全寮制の「自治」ですが、その寮の跡地です。
一高の寮はその後も駒場寮として残されていましたが近年解体撤去。
教室と寮とを結ぶ地下道(!)入り口部分のアーチの一部が
モニュメントとして残されていました。

一高14
キャンパス構内の見取り図を見ると、敷地の端っこに「三昧堂」という表示が。
大学構内に似つかわしくない名称に「??」と思い行ってみるとこんな建物が。
「陵禅会」という禅サークルの禅堂で、当該サークルのホームページを見ますと、
昭和15年に建築された建物であるとのことで、これも一高時代の建物ということになります。

一高15
この「陵禅会」は昭和9年に発足した一高陵禅会以来の伝統あるサークルということで、
OBには一高校長をつとめた安倍能成や思想家の安岡正篤などのそうそうたる顔ぶれ。
キャンパスの片隅に一高の伝統が連綿と受け継がれていることに感動を覚えました。

一高1
おまけで駒場東大前駅近くにある「つけめん駒鉄」です。

一高2
店内に京王井の頭線をモチーフとしたNレイアウトがどーんと鎮座しています。

>一高4

一高3
一高本館も再現されていますね。

関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/03/31(土) 14:11:35|
  2. 島根県以外の近代建築
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<登山電車とケーブルカーに乗ってきた | ホーム | ジオコレ「塀と門」>>

コメント

旧一高図書館良いですね^^

全体的に気になる感じの建物が多いですね^^

ちなみにつけ麺のお味はいかがだったのでしょか?(´・ω・`)w
  1. 2012/04/02(月) 10:03:43 |
  2. URL |
  3. (´・ω・`) #-
  4. [ 編集 ]

近代建築の宝庫です

コメントどうもありがとうございます!
さすが東大、伝統を感じる建物が多くて見ごたえがありました。
今回は行けませんでしたが、
隣にはもうひとつキャンパスがありまして、
旧帝大航空研究所などの近代建築が残っているそうです。

つけ麺はとてもおいしかったですよ。
個人的には最近流行の「魚介系甘め」な
つけ麺たれはあまり好きではないのですが、
ここのつけ麺はスープにコクがあって飽きずに完食できました。
  1. 2012/04/05(木) 23:18:10 |
  2. URL |
  3. 松江製麺所 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/62-206bef89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)