元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

旧布施村役場

平成の大合併で隠岐の島町になって消滅した旧布施村、ということではなくて、
布施村の旧役場建物という意味での「旧布施村役場」です。

oki0021.jpg

隠岐島後は、西郷町・布施村・五箇村・都万村の1町3村は、
平成16年の合併によって「隠岐の島町」となりました。
このうちの布施村の旧村役場が、
新村役場(現布施支所)のすぐ近くに「布施公民館」として現存しています。

隠岐に滞在していた頃、
写真集「目で見る隠岐の100年」(郷土出版社刊)にて
旧布施村役場庁舎が公民館として現存していると記されているのに気がつき、
訪問した次第です。

詳しい建築年はわかりませんが、
前述の「目で見る隠岐の100年」によりますと、
「大正5年に民家を改造してこの庁舎を設立した」とありますから、
民家だった時代を含めて相当の年月が経っているようです。

oki0026.jpg

画像にあります玄関上の旧布施村の紋章、
「〇に木が三本」は「目で見る隠岐の100年」に掲載された、
大正年間の写真でも確認できます。
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2011/09/22(木) 23:24:36|
  2. 島根県の近代建築・隠岐地方
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<旧都茂村図書館(ほのぼのハウスみと) | ホーム | 浜田の看板建築>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/7-de355403
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)