元島根県民のお部屋

島根県の近代建築・近代化遺産と、路面モジュールのブログ

湯町公民館(旧島根県立農林学校本館の一部)

松江市というには抵抗がありますが、
合併により松江市玉湯町となった玉造温泉のある玉湯町、
その玉造温泉駅のすぐそばに建つ洋風建築です。

no1.jpg
明治36年、松江市の乃木に建てられた、旧島根県立農林学校本館の一部を
昭和10~12年ごろこの地に移築したものであります。

すでに、当初の学校としてよりもこの地で公民館として使われる期間のほうが
はるかに長くなっています。

この建物についてはさまざまの資料で「農林学校本館」としているのですが、
農林学校は本来、松江の乃木(旧乃木村)にありますから、
湯町へは移築されたとみるべきだと思います。

しかし、その移築の経緯や、いつごろこの地に移築されたのかといったことについて、
記述されている資料(ネットを含む)が見当たらず、消化不良気味でした。

が、平成14年に発刊された島根県教育委員会編纂「島根県の近代化遺産」に
移築の経緯・時期を示唆する記述があり、ようやく輪郭が見えてきました。

島根県教育委員会編纂の「島根県の近代化遺産」によりますと
移築の経緯はおおよそ以下の通りであります(大意です)。

「昭和12年から始まった本館校舎の増改築に際して、
当時の農林学校の校長と、玉湯村の有力者との間で話がまとまり、
旧本館の一部(柔道場と理科学実験室?)の部材を現地へ移動、
公民館として組みなおした。」

ただし、「新版日本近代建築総覧」には「昭和10年移築」とあり、
上記の記述とは矛盾するのですが、増改築の始まる昭和12年の
前段階として旧校舎の解体作業が始まっていたのかもしれません。
この辺りの前後関係については今後調べ直したいと思います。

現在は「島根県立松江農林高等学校」となっておりますが、
開校時から現在に至るまで校名はかなりの変遷をたどっております。
以下、松江農林高等学校のHP記載の沿革を参考に校名などを整理します。

明治33年 「島根県農林学校」開校
明治34年 「島根県立農林学校」と改称
明治35年 乃木村福富の新校舎に移転
明治41年 校舎増築竣工
大正9年 「島根県立松江農林学校」と改称
昭和12年 本校舎増改築工事開始
昭和14年 校舎増築竣工式挙行
昭和23年 学制改革により「島根県立松江農林高等学校」と改称
昭和26年 島根農科大学設立により附属農林高等学校となる
昭和43年 島根農大国立移管に伴い、島根県立松江農林高等学校と改称

竣工時の建物の名称としては「島根県立農林学校」が適当かもしれません。

no2.jpg
一番上の画像から反時計回りに建物の側面画像を掲載します。

no3.jpg

no5.jpg

no4.jpg



おまけ
no7.jpg
現在の県立松江農林高校の近くに、当時の門柱が記念に保存されています。

no6.jpg
門柱の向こうに見える校舎が現在の松江農林高校です。

◇参考◇
 ・「島根県の近代化遺産」 島根県教育委員会
 ・「松江今昔」 松江市 
 ・島根県立松江農林高校HP 
関連記事
スポンサーサイト
  1. 2012/09/03(月) 22:57:34|
  2. 島根県の近代建築・松江市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログ名を変えました | ホーム | 旧吉田小学校講堂(雲南市吉田町)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://okigoka.blog.fc2.com/tb.php/91-07b18b70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)